×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歯を白くしたいのなら!白い歯を手に入れませんか?!5

やはり 白い歯でいたいものです。

子どもさんが歯磨き粉などをつけて磨いていない場合などは黄ばんだ歯になる傾向です。市販の磨き粉での使用である程度の白さのあります歯の色には変わります。大人などでも、やに、口臭、歯の表面の黄ばみなど気になる方もいらっしゃると思います。大人などで毎日歯磨きをよくしている方でも黄ばんだ歯の色になっていることもあります。

これは、歯磨き粉といいますのは、研磨剤、発泡剤、漂白剤など使用していますから、使うことにより綺麗にはなるのですが、研磨剤で削り落とす為、歯の表面までも傷つけます傾向となります。そこで最近その様な歯の悩みなどを解消してくれます人気ある歯を磨く物があります。薬用ホワイトニングメディカルホワイトEXなのです。2014年モンドセレクション銀賞と消費者は中身のよい物は、よく知っているものです。ですから売れ行きも非常に良いのです。

食べ物でも美味しい物、日用品でも使って内容の良いものは、やはり実感がありその物の良さが解っているから人気がある様です。その薬用ホワイトニングは1個3560円と市販の歯磨き粉よりは、割高ではありますが、まだつかっていない方は、お試しします価値はあると思います。勿論研磨剤、発泡剤、漂白剤など不使用なのです。だれでもおとしを重ねますと身体のいろいろな場所が弱ってくるものです。歯に負担をかけなく、その上黄ばんだ歯を白くしますのに良い商品と思われます。

歯を白くする色々な方法

歯を白くしたいと願う人は多いと思います。
どうして歯が黄色いのか?理由はひとそれぞれです。
まずは自分の歯で黄ばみが気になる人。

色々な理由がありますがよく言われているのはステインと呼ばれる歯の着色です。コーヒーやお茶、紅茶などの汚れが歯について黄ばみの原因になります。この汚れを取るためには歯科医院で専門器具を使いブラシなどで磨いたり、重曹などを吹き付けて汚れを落とす方法などがあります。

その着色を取ってもまだ歯の黄ばみが気になる場合はホワイトニングと呼ばれる歯を白くする方法です。ホワイトニングも家で自分でできるホームホワイトニングと呼ばれるものがあります。これは自分の歯の形に合わせたマウスピースに歯を白くジェルを塗布し歯にはめて数分待つものです。これを数日続けることで歯を白くしていきます。

ホームホワイトニングより効果があるのは歯科医院で行うホワイトニングです。歯に漂白効果のあるホワイトニング剤を塗布し光をあてることで薬を浸透させ白くします。これを繰り返し行うことで徐々に白くします。
上記は後者にいくにつれ費用はかかりますが白く効果的です。ただ歯を白くするために薬をつけるので知覚過敏のようなしみる症状がでやすかったり、維持するために定期的にケアする必要があります。

あとは自分の歯ではない人。たぶん歯の治療をしてかぶせものが変色していることが原因です。歯科医院で磨いてもらい、それでも変わらなければかぶせものをやりかえる方法になります。かぶせものも保険のものから自費のものがあります。材質や色、白さを保ちたいと願うならお金があれば自費のものが綺麗に保てると思います。

↑ PAGE TOP